国土地図株式会社

ハザードマップ

ハザードマップは、自然災害の被害を予測し、その被害想定範囲を地図上に展開したものです。詳細には、予測される災害の発生地点、被害の拡大範囲、被害の程度などの情報に合わせて、避難経路や避難場所などの情報が既存の地図上に図示されています。これを利用することにより、災害発生時に住民が迅速かつ的確に避難を行うことができ、また、平常時にも住民の危機意識の啓蒙に役立つなど、災害による被害の低減にあたってとても有効なものです。

弊社では、永年にわたって培った地図調製技術を活かして、これまで数多くのハザードマップの作成に携わってきました。洪水、地震(津波)、土砂災害などそれぞれの自然災害に最適なハザードマップづくりを通して、今後も社会に貢献していきます。

鎌ケ谷市洪水ハザードマップ

鎌ケ谷市洪水ハザードマップ

鎌ケ谷市洪水ハザードマップは洪水による被害を軽減するためにはまず、自分の住む街の災害危険性及び避難場所等を知ることが重要です。そのために市民が水害等の災害時に安全かつ的確な避難等の対応がとれるよう啓発を促すとともに、日常的な防災意識の高揚を図ることを目的としています。

東村山防災マップ

東村山防災マップ

川口市地震防災ハザードマップ

川口市地震防災ハザードマップ